嫁の借金は夫が返済しなくてはいけないの

by Paulson .

夫婦が共に生活をしていた場合、何かと問題が生じるものです。
中には「嫁が内緒で借金をしていた」という問題もあるのではないでしょうか。
この場合、配偶者である夫に借金の返済義務はあるのでしょうか。

債務整理評判を気にしつつ、同居している嫁の借金といっても、当事者は嫁と貸金業者です。
基本的には、嫁の借金を夫が返済する義務はありません。
(同様に、夫の借金を嫁が返済する義務もありません。)

しかし、夫が合意をしてその借金の保証人になっていた場合には、返済義務も生じます。
嫁が返済できない状況になると、保証人である夫が返済を履行しなくてはいけません。
仮にその後離婚したとしても、返済義務は消滅しません。
逆に、保証人に夫自身が合意をしていなければ、保証人契約は無効になります。

嫁が無断で夫を保証人にしていた場合でも、その保証契約は無効ですので、返済義務も生じません。
ただし、貸金業者からの返済督促に応じて、夫がわずかでも借金を支払った場合には、保証人であることを認めたことになりますので注意が必要です。
保証契約が無効であることを知りながら、強引に夫に返済を迫る貸金業者も存在していますので注意しましょう。

嫁が日常生活上のお金の不足、家族全員のための借金をしていたとしても、夫に支払い義務が生じる可能性は低くなります。
配偶者に返済義務があることを認めさせるには、借金が生活費の不足のために行ったことを証明する必要がありますが、これはほぼ不可能なことです。
しかし、夫婦の問題は両者の問題ですので、日頃からお互いに話し合うなどして、両者で解決してもらいたいものです。